医療事務関連の資格は独学でも取得できるのか

画像

結論、できます。メリットも

単刀直入に言ってしまうと、一概には言い切れないものの、医療事務関連の資格を独学で取得する事は可能です。そもそも医療事務関連の資格とは、医療関係の団体や協会がそれぞれに設けている民間資格である為、取得までの過程までもが厳密に規定された国家資格等に比べると、独学でも比較的容易に取得する事ができる物もいくつか存在します。独学で資格取得をする人も実際にいますし、資格を取っている方もいらっしゃいます。

また、医療事務関連の資格に限らず独学で資格を取得する事には、費用を抑えられる事や、時間を制限・拘束されないと言ったメリットがあります。他の仕事をしながら取得のための勉強をしたいと言った方には特におすすめの方法です。

独学のデメリット

一方で独学を選択する事によるデメリットも存在します。例えば、医療事務関連の資格の中には、特定の講座を受けなければ受験ができないものもあります。その為、独学の場合その様な資格を取ることができません。

また、資格試験に向けた勉強をしていくに当たり、不明な点を質問できないと言う点もデメリットの一つです。ネット等で調べる事も出来ますが、勉強をスムーズに進める為には大きな障害となってしまいます。同様にアドバイスをもらえないと言う点では、どのテキストを選べば良いか分からない、あるいは、勉強のポイントが分からないと言った際にも独学によるデメリットを痛感するかもしれません。

精神的な事に限定すると、一緒に勉強をする仲間がいない為、モチベーションを保てないと言う点もまた、大きなデメリットの一つと言えるでしょう。また、仲間がいないと言う点では、勉強を進める為のスケジュールが立てづらいと言う点も大きなデメリットと言う事ができます。以上の事から、独学を選択すると言う事には、多くのデメリットが存在します。

資格取得の近道はやはり医療事務講座

独学で勉強を進めていく事に少しでも不安があるのであれば、多少のお金はかかっても医療事務講座を受けるのが最も良い方法です。

医療事務講座には通学と、通信によるものが存在します。通学するものの場合、社会人向けの土日のみ通学をするコースなどを設けている所もあり、他の仕事と両立しながら勉強をしたいと言う方にとっては大きなメリットと言えるでしょう。また、通学する場合は、その場でアドバイス等をもらう事ができ、質問などもしやすいです。

一方で通信による物の場合、自宅にいながら自分のペースで勉強を進められるため、他の仕事との兼ね合いから決まった時間に勉強をすることが難しいと言う方におすすめです。また、最近ではチャットなどを利用して、いつでも質問ができる様な体制が整えられている講座も存在する為、それらも利用してみると良いでしょう。

以上の事から、医療事務講座には、従来の通学、及び通信型の勉強法のデメリットを相殺する様々な体制が整えられており、資格試験に向けた勉強を多面的にサポートしてくれます。

TOPへ戻る

TOPへ戻る