医療事務資格試験に合格する秘訣

医療事務の資格試験を受験するならもちろん合格したいですよね。 しかし、「診療報酬請求事務認定試験」の難易度は高く、合格率は低めです。 いくら持ち込みが認められていても、試験問題を事前に把握していなかったり、 診療報酬明細書の作成の仕方がわからなければ試験問題を解くことができません。

では医療事務資格試験に合格する秘訣は何でしょうか? それは「問題集・過去問題を解くこと」と「医療事務の資格講座を受講すること」のふたつです。

問題集や過去問題を解くことで試験の傾向を把握することができます。 そして、医療事務にはさまざまな資格があるので、受験する資格試験についての情報を間違えることなく得ることができます。 まずは自分が受験する資格試験についてよく知っておくことが重要です。 医療事務資格講座を受験することで、テキストを入手することができます。 資格講座は過去問をプロが分析しており、講師も過去の試験からポイントを教えてくれるので、 無駄なくポイントをおさえて資格試験対策をすることができます。

問題集を見てみよう
まずは自分が受験する資格試験の過去問題や問題集を見てみましょう。 過去問題や問題集にはその資格試験の試験範囲や傾向、対策方法など、合格への道筋が示されています。 また、問題集には資格試験を受けるうえで必要な知識を問う問題が多く出てきます。 つまり、問題集に出てきたものは必要なものなのである程度覚えておく、 解けるようになっておく必要があるということがわかります。

また、問題集のほうが実際の試験問題より難しかったという声も多くあります。 実際の試験では緊張などにより実力が出せなかったということもよくあることです。 そのようなことを防ぐためにも、実際より少し難しく作られている問題集を解くことがよいでしょう。 試験を受験する際に焦らず落ち着いて問題を解き進められます。
問題集をたくさん解こう
問題集と過去問題はたくさん解いておきましょう。 これはたくさんの数の問題集やたくさんの年の過去問題集を買うべきであるということではありません。 何度も何度も同じ問題集を繰り返し解くべきであるということです。 繰り返し同じ問題集を解く理由はふたつあります。

ひとつめは、答えを覚える、理解するためです。 何度も同じ問題を解いていたら答えを覚えてしまった、という経験はありませんか? 何度も同じ問題を解いていると自然とこの問題にはこの解放を使うんだ、 と問題と答えとを組み合わせて記憶することができます。

ふたつめは、どこに何が書いているかを把握するためです。 医療事務の資格試験は持ち込みが認められていますが、いくら付箋をつけていても探しているようでは時間が足りません。 そこで、何度も同じ問題集を解くことで書いてあるページを覚えておくと有利になります。
問題集を自分のテキストに
問題集や過去問題をただ問題を解くためだけのテキストにしてはいけません。 合格者の合格の秘訣として、「問題集を自分のオリジナルのテキストにして試験会場に持ち込む」ということがあります。 つまり、問題集を解答集あるいは参考書として使用できるようにしていきましょう。

自分の苦手なところがあれば解法を書き込んでおく、そしてなぜその解法になるのか、 など問題集に自分の必要としている情報を書き込んでいくこともひとつの方法です。 また、インデックスを付けるなどして、一目でどこに何が書いてあるのかを示すのもひとつです。

問題集は資料集と異なり、自分の知識が身についているのかを試すものです。 そのため、できる問題できない問題がその問題集に詰まっています。その点を利用していきましょう。
実技試験対策をしよう
医療事務の資格試験の実務試験は主に診療報酬明細書の作成・点検です。 つまり、診療点数表を見慣れていないといけませんし、 診療報酬明細書の作成がスムーズにできるようにならなければ時間不足になってしまいます。

診療報酬明細書の作成には診療点数表を使いこなせるようになることと、 カルテを読み取ることができるようになることが求められます。 そのため、実務試験対策としても問題集をこなすことが挙げられます。 何度も繰り返し診療点数の計算やカルテの読み取りの練習をすることで、 試験を受験するときも落ち着いていつも通り解くことができます。

診療報酬明細書は11番の初診料から順に並んでいるので、 何度も解くうちにある程度何番目が何の診療項目か記憶していくことができるでしょう。
医療講座受講で実技試験対策
実技試験ではカルテを読み取ってから算出条件にのっとって診療報酬明細書を作成しなければなりません。 なかなか自分ひとりの力では算出条件を覚えたり、作成方法を理解するのは困難です。 参考書は文章説明書きされていることも多く、理解するまでに時間がかかることもあります。

そこで医療事務講座で実技試験対策をしてみましょう。 医療事務講座では医療事務の現場経験者が講師をしていることも多く、 カルテの読み取り方や診療報酬明細書の作成方法を要領をまとめて指導してくれます。 また、現場で使用しているような専門のコンピュータを使って実践的に作成するところもありますので、 医療事務の仕事に就いたときの即戦力を養うこともできます。
様々なランキングから検索
実技試験対策として重要なことが「問題を数多くこなしてみること」です。 当然、筆記試験とは異なり、試験問題によって答えは変わってくるのですが、よくある症例を見つけることができ、 その症例の診療報酬明細書作成の練習をすることができるようになるからです。 実技試験でも傾向はあるもので、やはり実際の現場でよくある症例が問題としてでてきやすい傾向にあります。 数多くの問題に触れることでどの症例が多いのか記憶することができます。 また、何度も算出条件を確認することで、どのように診療報酬明細書を作成したらよいのか、 頭でなく手で覚えられるようになるでしょう。

実技試験には診療点数表が必須です。 この読み取りに時間がかかっても時間不足になってしまいます。 問題を多く解くことで、何番目が何の診療項目か記憶することができ、時間短縮にもなるでしょう。
医療事務講座で合格率アップ
医療事務の資格試験はさまざまなものがありますが、一般的な「診療報酬請求事務能力認定試験」は合格率の低く、 難易度の高い資格試験です。 この資格試験に独学で挑む受験者もいますが、独学は自分で勉強するペースや範囲を決めたりしなければなりません。 そして何より、わからない問題にあたったときにも自分一人の力で解決していかなければなりません。

しかし、医療事務の資格講座を受講すれば講師が解説をしてくれますし、大切なポイントに絞って勉強することができます。 そして、受講することにより、わかりやすいテキストを入手することができますので、 それを使って勉強することにより、合格率をあげることができます。 また、ダブルスクールで困ったことがあればサポートしてくれる制度もありますので、 社会人の方も勉強が続けられることも利点です。
通信講座で学ぶ
医療事務の資格講座は多くが通信講座と通学講座のふたつを行っています。ここでは通信講座についてご紹介します。

通信講座の大きな特徴は「忙しくても自分のペースで勉強できること」と「自宅で勉強できること」です。 医療事務を目指す方は女性が多いのですが、その理由としては出産・育児があり、生活スタイルの変化に合わせられるからです。 通信講座はそのような生活スタイルの変化に多い女性にもぴったりの勉強方法なのです。 育児の合間に通信講座で勉強している方も多くいます。

また、通信講座は通学しないことが前提なので、初心者にもわかりやすいテキストが用意されており、 受講費用が安いことが利点として挙げられます。 学習計画を提示してくれる通信講座もあります。 ただし、自分の好きなように勉強できる代わりにモチベーションを維持したり、 学習計画を実行したりするのは自分自身ですので、自己管理能力が必要になってきます。
通学講座で学ぶ
ここでは医療事務の資格講座の通学講座についてご紹介します。

通学講座の大きな特徴は「短期間で資格取得ができるようにカリキュラムが組まれていること」と「試験対策が万全なこと」です。 週に1~2回の通学で約3か月から半年で修了できるようにカリキュラムが組まれています。 短期間なので内容がまとめられており、要領よく資格試験に出るポイントをおさえて勉強することができます。 また、講師は多くが医療事務の資格を持っているので、どのように勉強すれば合格できるか、 試験対策として何をすべきかなど試験対策のサポートをしてくれます。 また、実技試験では実際の機械を使用して診療報酬明細書を作成するのですが、 パソコンが苦手という方でも講師が操作方法や作成方法を教えてくれますので、操作の点でも実技試験対策もできます。

また、通学講座では同じように医療事務を目指す方が通学していますので、モチベーションが維持できたり、 情報交換をすることができることも通学講座の利点です。

TOPへ戻る

TOPへ戻る