求人情報の活用方法

画像

講座や学校の就職サポートを活用

折角医療事務の資格を取るのですから、資格が生かせる医療機関に就職がしたいと考えていらっしゃると思います。

医療事務の専門学校や講座を開講しているスクールでは、大体「就職サポート」が付いています。各スクールは全国の医療機関と業務提携を行っている事が多く、「独自の就職ルート」を持っています。

専門学校では「正職員」の就職ルートが多く、通信や通学のスクールでは「パートや派遣」の就職ルートが強い傾向にあります。講座を主催する団体の就職サポートをフルに活用する事が、医療事務として就職するには一番の近道でもあります。

ですので、資格取得の為に講座を選ぶ際には、就職サーポートまでしっかり比較して選ぶ必要があります。

ハローワークを活用

現在、医療事務職の人材調達経路は、圧倒的にハローワークがトップだそうです。

ハローワークは、窓口での職業紹介や職業相談、求人情報の提供を管轄地域以外にも近隣のハローワークの求人についても公開しています。ハローワークの求人探索パソコンのオンラインシステムを活用して、他の地域の仕事を探せます。また、地域や職種ごとに求人情報がファイリングされています。

その他、新着の求人情報を展示している等、多くの求人情報を調べる事が出来ます。また、効用保険に入っていた人は条件が合えば失業期間がもし出来た場合は、失業給付などの支給が貰えるので、安心して次の仕事を探す事が出来ます。

ハローワークでは、その他に医療事務の平均賃金や必要な資格、経験情報、就職に必要な能力や資格を身につける訓練コースなど、就職に関する情報が幅広く提供されています。

インターネットや折り込みチラシの活用

病院によっては、インターネット上のホームページに求人情報を載せている医療機関もあります。また最近では、医療機関がホームページに求人募集を掲載すると、その情報が自動的に収集されて求人情報サイトに掲載される「検索エンジンを使った求人情報サイト」も出てきました。

医療系に特化した求人情報サイトも沢山ありますので、インターネットを利用して医療事務の求人情報を探すのは、とても有効な手段の一つです。

また、簡単に出来る物として、新聞に入る折り込みチラシや情報誌等で、自分の住んでいる地域の求人情報を探すのも、有効な方法です。

ただ、医療系に特化したインターネットでの求人情報に比べると格段に求人件数は少ないかと思います。ですが、今すぐに出来ますし、時間のあいている時にチラシや情報誌から医療事務の求人を探して、お給料や勤務時間帯などの参考にする事も出来ます。

TOPへ戻る

TOPへ戻る