資格取得の費用負担軽減方法

画像

教育訓練給付金とは?

社会人が教育機関に掛ける費用の一部を負担してくれる「教育訓練給付金制度」と云うものがあります。

これは厚生労働省が行っているもので、厚生労働省が指定している講座を受講した場合は、10万円を上限として、費用の20%が支給されると云う制度です。給付対象となるのは、初めての場合は雇用期間が1年以上の方で、2回目の利用の場合は雇用保険への加入が3年以上の方です。支給を受けるには、教育機関から費用の領収書と教育訓練の証明書を貰って、ハローワークに持参して支給の申請をする必要があります。指定講座で受講すれば、仕事をしながら資格を取る為に勉強をした費用の一部を負担して貰えますので、しっかりとチェックをして下さい。

割引制度のある医療事務講座

独自の割引制度を設定している通信講座もあります。例えば「ヒューマンアカデミー」の医療事務講座では、奨学金制度がもうけられている為、学習開始日である教材発送日から講座の標準学習期間中に全ての添削課題を提出して、定められて基準の成績を収まれば、修了後に学費の20%が返還されます。

この奨学金制度には、特に制限は設けられていない為に誰でも、条件をクリア出来れば奨学金が貰えます。例えば、転職したばかりで、雇用期間が1年を過ぎていない場合は教育訓練給付金を受ける事が出来ませんが、奨学金制度のあるヒューマンアカデミーの講座を受けることで、雇用後1年を待たずに教育訓練給付金制度を利用したのと同じ費用の軽減が図れます。このようにお得な制度を導入している講座を選ぶことで、資格取得費用の負担の軽減が行えますので、上手に活用したいものです。

TOPへ戻る

TOPへ戻る