医療事務資格試験の受験方法

医療事務技能審査試験とは、医療事務業務に従事する者が有する知識及び技能の程度を審査し証明することにより、医療事務職の職業能力の向上、社会的経済的地位の向上を目的とし作られた民間資格です。
医療機関などにおける、受付業務、診療報酬請求事務業務に関する職業能力を審査の対象として定めています。試験に合格すると、メディカルクラーク(医科・歯科)という称号が付与され、資格の有効期限は永年です。
受験資格は問わず、試験は年12回・毎月、各都道府県内の公共施設などにて開催されています。試験内容、受験料及び試験から合否発表までの流れは以下の通りです。

  • 実技Ⅰ:患者接遇・筆記………2問50分
  • 学科 :医療事務知識・筆記………2問50分
  • 実技Ⅱ:診療報酬請求事務・診療報酬明細書点検………4問70分
  • 受験料:6,500円(医科・歯科)
  • 合否判定:学科試験及び実技試験Ⅰ・Ⅱ、それぞれの得点率70%以上を合格とする
    #当該試験日より約1か月後に郵送通知が基本。
    #合格証書の交付は、試験結果通知より約1か月後に郵送。
  • 1.受付期間は、当該試験日の2ヵ月前より、当該試験日の2週間前まで。
  • 2.所定の受験申込書に上記受験料を添え、当該受験地域の日本医療教育財団支部へ郵送(現金書留)または持参。
    #学校や講座受講者の場合、学校側などで対応することが多いため、要確認。
  • 3.申込手続き後、受験票が発行される。

TOPへ戻る

TOPへ戻る