医療事務の仕事とは

医療事務の仕事内容を一言で表すと、『病院内の事務及び経理業務全般』です。ただ、具体的な内容は非常に多岐に渡っています。
では、医療事務の主な仕事内容とはどんなものか?をご紹介していきましょう。

1.受付対応
患者の来院時、受付にて最初に対応するのが医療事務業務者です。診察券やカルテの発行、保険証の確認などを行います。初診の患者の場合、最近の病院では来院目的や病状記入などもお願いすることが多いです。
また、診療の患者の呼び出し及び診察室への案内なども医療事務の仕事のひとつ。
この他にも、診察曜日や時間の案内、次回診療の予約から始まり、診察券紛失や保険証忘れ、薬のみ処方希望の患者対応など、所業務は多岐に渡ります。待合室への要望、病院全般のことは受付に尋ねるひとが多いため、臨機応変の対応が求められます。
2.カルテ管理業務
初診患者の来院の場合、カルテに患者の個人情報(氏名、住所、保険証情報など)を記載します。現在では電子カルテを採用し、すべてコンピュータでのオンライン管理を導入する病院が多いため、その場合、すべてコンピュータへの入力作業となります。
保険証情報の入力を間違えてしまうと、レセプト(診療報酬明細書)が受理されず戻されてしまうので、慎重な作業が要求されます。
3.レセプト作成
レセプトとは、病院が国などに対し、医療費を請求するために作成する明細書を指します。
通常、診療費は保険適用のため、患者負担は2~3割となり、残り7~8割が国の負担となります。この国の負担分を請求するのに必須なものが、レセプトです。病院経営に深く関わる重要業務なので、特に正確さが求められると同時に、医療事務の要となる業務でもあります。
以前はすべて手書きで作成されていたレセプトですが、昨今、業務効率化を目的とし、大多数の病院ではレセプトコンピューター(レセコン)を採用しています。このレセコンに、診察が終わった患者のカルテを順次確認し、医師が患者に行った診察や治療、処方薬などを入力していきます。

TOPへ戻る

TOPへ戻る