医療事務資格の活かし方

画像

大学病院、総合病院など規模が大きい病院では、受付、会計など担当を細分化し募集をかける傾向が強いです。これに対し、診療所、クリニックなど規模が小さい病院では、すべての業務をこなせる医療事務スタッフを募集するケースが多く見受けられます。
医療事務スタッフとして働くとき、職務内容の希望を持っているのであれば、面接などの際に自分の希望を病院側に伝えておきましょう。
未経験者の場合は、まだ業務内容についてわかりにくい部分が多いため、まずは与えられた業務をこなしていきながら仕事の流れを掴み、その上で自分の希望を出していくことがおすすめです。

総合病院勤務者の場合、病院の規模によって業務内容は様々ですが、医療事務の業務内容は大きくわけて2つです。

  • 受付など患者に接する外来業務
  • レセプトなどのデスクワーク

この2本を軸として、多数の医療業務スタッフで作業分担をしながら業務を進めています。
患者と接することのない事務仕事のみのケースもあれば、受付対応業務のみのケースもあります。もし、希望の業務内容があったり、自信を持っている業務があるようなら、資格を活かして希望部署への配属を希望してみましょう。

医院、診療所、クリニックなど規模が小さい病院では、少人数の医療事務スタッフで受付、会計、電話取次ぎ、レセプト、診療助手を行います。スタッフひとりひとりの仕事量が多いので、オールラウンダータイプでなければ務まらない業務です。
逆に考えれば、取得した資格をフルに活かし、ブラッシュアップ及びスキルアップするチャンスと言えます。

たいせつなことは、自分の実力に合わせ、医療事務の資格を活かすことができるようにすることです。募集先の業務内容をきちんと調べ、その上で就職することをおすすめします。

TOPへ戻る

TOPへ戻る