医療事務の魅力について

画像

手に職を持ちたい、と考えるひとがますます増えている傾向にある昨今。医療事務の仕事へのニーズは年々高まっています。医療事務の仕事に就くために取得する、医療事務資格。どういった魅力があるのでしょうか?
医療事務資格の最大の魅力であるポイントを、7つご紹介していきます。

1.全国どこでも働ける
医療事務のメイン業務である『レセプト業務』。これは、厚生労働省が定めた医療保険に関する仕事で、日本全国で統一されています。よって、全国どこででも通用するスキルです。
さらに、医療機関は日本全国にあり、病院だけでなく、診療所、薬局、歯科医院や介護施設など、あらゆる仕事のチャンスがあるのです。
2.専門性の高い職業
診療報酬請求の知識と医療保険制度は、医療事務の仕事をする上で知っておくべきたいせつな知識です。どちらも非常に複雑で、専門性の高い知識となっています。特にレセプト作成業務は、専門性が高く、病院経営にも深く関わってくる重要な役割です。
昨今、ますます医療事務職員に求められる能力も高度化及び専門化傾向にあり、病院経営の観点からの意識も必要とされるなど、医療事務の位置づけも変わってきています。
今後、これまで以上に医療事務職が重要になってくる見通しです。
3.勤務スタイルが選べる
他の職種に比べ、働き方を自由に選ぶ事が出来ると言われているのが医療事務の仕事です。あらゆる勤務形態が選べ、さらにパートなら午前中のみ、午後のみなどといった求人募集も多い職種です。
自分のその時々のライフスタイルにあわせて働き方が変えられるため、結婚や出産でも続けていけるため、根強い人気を持つ理由のひとつなのです。
4.年齢に関係なく働ける
年齢ばかりか、性別問わず活躍出来るのが医療事務のメリットです。まさに手に職とも言え、能力や経験で年齢を気にすることなく再就職が可能なのです。 病院での患者さんへの心遣いや柔らかな物腰など、ある程度人生経験を積んでいるひとのほうが身についているため、病院によってはあえて年齢の高い人材採用をするということも多いそう。また、育児経験があるお母さんは、小児科や産婦人科など小さな子供がいる科で育児経験が役立つとされています。
5.需要が高まる医療機関
日本は超高齢化社会であり、今後ますます高齢者は増加傾向にあります。当然のことながら、高齢化社会において医療機関で必要な医療事務は今後も需要が高まる一方です。
実際、医療機関数は年々増加傾向で、特に高齢者を対象とした診療科や、長期療養病棟を新設するところを中心に増えています。
介護施設もこれから伸びると傾向にあり、施設で働く医療事務のひとつである介護事務も、今後さらなる需要が見込まれる分野です。
6.未経験でも働ける
医療事務とは民間資格であり、医師や看護師のような国家資格ではありません。よって、医療機関が採用をすれば特に資格が無くても働くことが可能です。これはイコール未経験OK!ということにもなります。
ただし、実際に求人をチェックしてみると、『医療事務資格保有者のみ』と指定条件が多いのは事実。医療事務職員に求められる専門的な知識と技能を有しているかは必須なので、このため資格取得をしてから就職するひとが多いというわけです。
7.一度修得すれば一生使える
医療事務資格には資格保持期限というものが無いため、一度修得したものは一生有効となります。
ただし、診療報酬の改定及び医療法の改定などは多々発生するので、常に勉強し続け、スキルアップ・ブラッシュアップしておく必要があります。

TOPへ戻る

TOPへ戻る